FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
24年間お世話になりました。
2014 / 04 / 04 ( Fri )
24年間ご愛顧いただきました、くまもと有機の会 小峯店は3月29日をもちまして閉店致しました。

本当に長い間お世話になりました。


また引き続き、オーガニックはぁと店  くまもと有機の会御船店をご愛顧いただきますようお願い申し上げます。
スポンサーサイト
21 : 46 : 50 | 有機の現場ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
野菜の中身評価(栄養)
2014 / 02 / 25 ( Tue )
当会生産者のほうれん草 栄養分析データーです。  硝酸はかなり低く、ビタミンC、糖度、抗酸化物質はかなり高く
食味評価も1~5段階評価の最高ランク5です。有機野菜は安全・安心・美味しい・さらに栄養価も高い!!このような野菜を今後も生産出来るように、勉強、研究を重ねて参ります。

八反田データ
00 : 15 : 28 | 今週の有機だより | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新年ご挨拶
2014 / 01 / 04 ( Sat )
地球
新年あけましておめでとうございます

約30億年前に地球上に微生物が誕生し、それから長い年月をかけて人類が誕生しました。地球は微生物などの力をかりて長い年月をかけて資源を作ってきましたが、人間はその長い年月で作ってきた資源をあっという間に使い果たそうとしています。何十億年もかけて作った石油などを使い地球上に放出してきました。そのようなことが原因で地球温暖化が進み、異常気象が多発、国内外で農業などに大きな影響が出ています。温暖化の原因はCO2排出が原因と言われていますが、空気中のCO2の割合は、わずか0.04%程です。78.1%が窒素、20.95%が酸素、0.9%がアルゴンです。
要するにそれほど空気中で微量なものでも、我々の生命活動に非常に大きな影響をもたらす、まるで人間の栄養素の中のミネラル(微量要素)のような存在なのでしょうか?また、そのような資源を作ってきた微生物を農薬や化学物質で殺してきました。今大切なのは地球、自然に対しての謙虚な姿勢です。
今年も我々は謙虚に自然、地球と向いあって有機農業を続けて参ります。皆様には、ご理解を頂き、今年も食べ支えて頂ければ幸いです。

                      本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
23 : 58 : 22 | 有機の現場ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今年も残り一週間をきりました!
2013 / 12 / 26 ( Thu )
レンコン

今年ももうすぐ終わりですね!今年もくまもと有機の会のお野菜を食べていただきまして本当にありがとうございました。季節の野菜をバランスよく、自分自身や家族友人知人に食べてほしいものを作り販売するというシンプルな理念で当会は活動を続けています。来年も大切な人の為に、有機野菜を生産していきます。
写真は無農薬のレンコンです。シャキっと、モチっと美味しいです。

                                皆様良いお年をお迎えください。
15 : 42 : 12 | 有機の現場ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
第29回くまもと有機の会収穫感謝祭開催
2013 / 12 / 04 ( Wed )
おかげさまで、29回目を迎える収穫感謝祭!!

平成25年12月14日土曜日 10:00~14:00(店舗は16時まで)
収穫感謝祭を開催します。

店舗の10%割引セールや、色んな美味しいものが大集合

有機野菜の豚汁、有機野菜たっぷりカレー、団子やおはぎ、焼き芋、地鶏焼き鳥
コロッケや惣菜、お漬物、などなどその他色んな試食もあります。

もちろん有機野菜もたっぷり用意しています。
有機もち米の餅つきもやってますので、つきたてのお餅も食べれます。
今年を締めくくるこのイベントをお楽しみに!!





19 : 28 : 28 | 有機の現場ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
もうすぐ人参の収穫です。
2013 / 10 / 22 ( Tue )
もうすぐ人参の収穫です。今年は天候不順で大変でしたが、何とか育ってくれました

人参もうすぐ収穫
14 : 34 : 16 | 野菜の収穫情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
虫が多い
2013 / 10 / 05 ( Sat )
ウンカ被害
虫の発生が多いようで、今年は農薬の散布も多いように思います。ここも一般栽培の田んぼですが御覧のようにウンカにやられています。このような田んぼが今年はあちらこちらに見られます。農薬も散布されていたようですが、効かないのでしょう・・
10 : 37 : 50 | 有機の現場ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新米祭り開催
2013 / 10 / 05 ( Sat )
平成25年10月26日(土)AM10時~PM2時(店は4時)まで、熊本市湖東2丁目のオーガニックはぁと店におきまして、新米祭りを開催します。

有機の新米の販売、有機野菜の特価市、有機の餅つき、店内商品10%割引セール(一部を除く)
その他有機野菜やこだわりの材料で作った美味しいものが沢山出ます。その場で美味しいものがたべれますよ~

10 : 23 : 22 | イベントのお知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
機能性を持つ農林水産物・食品プロジェクト・・・スタート
2013 / 08 / 20 ( Tue )
近年日本でも、野菜の栄養価、機能性が注目されつつあります。農林水産省は7月上旬に「機能性を持つ農林水産物・食品プロジェクト」をスタートさせ、2015年度までの3カ年計画で実施。生活習慣病予防に役立つ機能性を持つ農産物や加工食品を開発し、必要とする人へ安定供給できる仕組みを構築する。3年間で20億円の予算をあてる大型プロジェクトを発表しました。プロジェクトは、国民の食生活を改善して、生活習慣病を未然に防止することが目的です。当会でも、野菜の栄養価、機能性に注目してきました。土壌分析や施肥設計、野菜の栄養分析など、データーを基に、皆さんへ良い野菜をお届けできるように研究と勉強を重ねて参ります。
15 : 46 : 03 | 有機の現場ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
有機栽培 肥後紫
2013 / 07 / 17 ( Wed )
RIMG0635.jpg
 当会の肥後紫(ナス)のご紹介です。  通常のナスの約2倍の大きさがあります。これで1本約500g

赤紫の皮に、ずんぐりとした胴周りでボリュームたっぷりのナス「ヒゴムラサキ」は、熊本の伝統野菜「熊本赤ナス」を、平成13年に熊本県農業研究センターが品種改良して育成した新品種です。「ヒゴムラサキ」は登録された品種名です。一般的なナスよりも長く太い果実(長さ30cm前後)が特徴で、果肉が柔らかく、アクが少なく甘味があります。アクが少ないので生でサラダとしても、焼いても、美味しいナスです。

当会の有機栽培の肥後紫は、栄養分析も行ています。
生産者は、山都町の飯星 淳一です。


糖度  抗酸化力 ビタミンC  硝酸イオンなどどれも全国平均値よりも良い数値でした。(東京デリカフーズ調べ)特にビタミンCにおいては、五訂食品成分表におけるナスの基準 4㎎と比較し、当会のナスは11.3㎎と、約3倍近い栄養素がありました。

今後も40年間の有機栽培の経験と、土壌分析における土のバランス、栄養、野菜の中身の評価をきちんとした分析において証明していき、日本人の健康寿命に貢献してまいります
09 : 23 : 49 | 有機の現場ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。